ダイナミック サウンドシャキット

音質誕生の裏話

 

スピートンフィルタの誕生:

徳島大学での雑談中、1994年の11月の終わり頃。

“波形の特長を崩さずに、低音高音を強調できないか?”

という、一人の教授の質問が開発の発端となる。

 

スタッフが“一週間でできる”と安請け合い。

この質問を技術的に表現すると、

“位相を崩さない低音高音の強調”

ということになる。

人の聴覚にとっては音質は位相に

  依存しないにもかかわらず。

 

入手できるディジタル信号処理プロセッサが

 数千円の頃。

アナログ回路での実現は簡単ではない。

請け負った以上、

 何とか格好をつけなければならない。

質問の主から、催促を受ける。困ったな~。

ターミネートする良い言い訳はないかな~?

悩み始めて約一か月。

若い時に勉強した、関数論の中の一つの無限級数が

 頭をかすめる。

これだ! アナログでも実現できる!

 回路は数秒でまとまった。

BASICで

“波形の特長を崩さない低音高音強調回路”

をシミュレーション。

結果はバッチリ、期待通り。

早速、質問の主に波形のシミュレーション結果を送る。

教授は、即座に、“音を聴いてみたい”。

 

無限級数を簡素化して四次でフィルターを設計。

大晦日の紅白歌合戦を聴きながら、

オペアンプと調整ボリュームが多数並ぶ回路を試作。

正月明けには、音を聴けるようになった。

 

私自身、この音が何を意味するか?

その時は何も感じなかった。

動機は責任感だけで、音質には興味がなかった。

もちろん、音質(音色)に関わる仕事の経験もない。

 

さて、教授の反応は?

これはすばらしい!

 期待したよりもはるかにすばらしい!

??????

 

確か、オペアンプ10個、ボリューム6個

 くらいであったと思う。

この回路、音がいいなら、

 簡素化して金にならないかな~????

テーマがない時でもあった。

他にめぼしいテーマが無かったから、

この“簡素化”と“完成度を上げる”に集中できた。

 

まず、完成度を上げよう、、、、

どのようなコンセプトで?????

若い時からクラシックギターを手にしていた。

私は、今、音の仕事をしているが、

家ではステレオ装置を持っていない。

その理由は、私が買えそうなどのような音響装置も

生のギターの音質を再現することはできない。

 からである。

 

“いい音”と“生音”とは、言葉にはならないものの、

決定的に違うところがある。

“完成度“

の目標に設定したのは、

”生音“

に近づける。である。

 

“生音”=“楽器を演奏する人が聴いている音色”

“簡素化”=“数十円で具現化できる”

を自分なりの目標とした。

 

この日から、

方向転換というか、狂ったというか、

 間違ったというか????

とにかく、何もかもが変わってしまった。

1995年の一月のことである。

 

まずは、音色の完成度を上げることから。

“2メートル先のマイクロホンで拾ったギターの音色が

“共鳴板に耳を当てた音色”に限りなく近づくよう、

6個のボリュームの組み合わせや回路定数を調整した。

これは膨大な作業であった。

この作業には、俳句創りで鍛えた

“納得のゆく完成度”と“正確な自己評価”を徹底した。

 

得意とする計算による設計ではなく、

徹底的にカットアンドトライによる

“聴覚に頼った追い込み”

繰り返し、繰り返し、修正、比較、修正、比較、、、、

回路簡素化と音色の完成度の双方を満足させるための、

改良作業は一年ほど続いた。結果、落ち着いたところは、

回路=オペアンプ一個

完成度=ギターの共鳴板に耳を当てて聴く音色

1995年末であった。

 

完成度を上げる途上、この音質改善の機能に

SPEATEN(スピートン)と名付けた。

この回路を通した自分の声が、

頭の中に染みこんでくるような印象を受ける。

SPEATEN(スピートン)は

SPEAKとLISTENを組みあわせた造語である。

 

さて、手元に資金はなかった。

SPEATENフィルターをお金に換えなければならない。

ともかく、

 商品の可能性を説得できる試作品を作らなければ。

試作品の図面を書き終えて、その名前をどうしょうか、、、、

この段階で、頭に浮かんだのが、

 “シャキット”

音がシャキットしているから。

 

ガンカラーの鉄箱に白のシルク印刷で

“シャキット”

という名前が入った。

これが、サウンドシャキットの始まりであった。

その後、名前を変えようとトライするも、

変えられない名前となってしまった。

 

この試作品サウンドシャキットは、確か10セット作って、

あちらこちらに配って、評価をお願いした。

今、徳島事務所に1セットが残っているだけである。

その後、この試作品の1セットが、銀行からの

1億3500万円 の無担保(住み家だけ)

無保証融資決定の役割を担うことになる。

趣味のチューニング講座

​カーオーディオ用 デスクトップ用 TV用

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon