• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

ダイナミック サウンドシャキット

香港空港での待ち合わせ

 

お客さんと待ち合わせをして、

 別のお客さんを訪問することは再々ある。

 香港空港で台北のパートナーと ”待ち合わせ” となった。

 

30分の時間差で私が早く着くので、

 ほんのしばらくの待ち時間である。

 ”マドンナ”という店の前で待ち合わせということであった。

 

入国審査を通過して ”マドンナ” を探したが、見あたらない。

 広い空港といえども待ち合わせ場所は限られているので、

 せいぜい数十メートルの範囲をキョロキョロする程度である。

 どうしても、坊ちゃんの ”マドンナ” が頭でリンクしている。

 お上りさん丸出しのように行動していると目に付くので、

 できるだけ スタスタ と早足で歩きながら探したが

 どうしても見つからない。

 

”弱ったな” ”たぶん聞き違えに違いない”

 電話が鳴った。 台湾のパートナーが到着したのである。

 再度、再々度、確認したが、やはり ”マドンナ” である。

 しかし“マドンナ”は見つからない。

 

何か良い方法はないかと思案していたが、

 一策が浮かんだ。

 

”ようし、試しに、中国人に聞いてみよう”

 空港の従業員に、

 Where is the shop ”マドンナ”? と聞いたところ、

 即座に指をさして、目の前の

 “マクドナルド”

 ”な~るほど” ”マドンナ” である。

”マクドナルド” と日本流に、

 英語圏の人に話しても全く通じないのと裏返し。

 よくよく吟味してみるに、

 日本流の ”マクドナルド” の発音よりも

 日本流の ”マドンナ” のほうがはるかに正確である。

 

このようなミスは海外では珍しくもないが、

 この ”マドンナ” は、

 この出張中、食事のテーブルで何度も話題になり、

 みんなで大笑い。

 食事の場を楽しくするのには大いに貢献した、

 有意義なミスでもあった。