• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

Q&A 事例

ダイナミックサウンドシャキット

共通確認事項

1.純正共用モデル、純正音質改善モデル の場合、

        ヘッドユニット ナビ ラジオ の音量を

  最大目盛の 1/5 ないし 1/10 程度とする。

2.標準のサウンドコントローラーを使う必要はない。

  小形のサウンドコントローラーを別途購入できる。

  メインアンプには音質をプリ設定できる機能を持つ。

3.セカンドオーディオは純正スピーカーで再生しない。

4.純正音質改善モデルは 旧 PA504XX シリーズの後継機種。

  PA303J は 2.1チャネル用 の音質改善

  PA306J は 4.2チャネル用 の音質改善

  いずれも、他のチャネルをどうするかは、

       車のオーディオシステム構成に応じて別途相談

A.配線に関すること
QA-01.  2.1ch モデルをフロントに使って、リアーの音が出ない。
リアーから、純正の音を再生したい場合、
 レベル合わせユニット(​品番LF-1/10)を別途購入いただいて、
 フロントの入力線に接続します。
接続図 準備中
​B.残留雑音に関すること
QB-01.  常時ノイズが出る
レベル合わせユニット(​品番LF-1/10)を別途購入していただいて、
ノイズが発生するチャネルの入力線に接続します。
​C.サウンドコントローラーに関すること
QC-01.  標準のサウンドコントローラは大きすぎる
​標準タイプから、小型タイプに変更できます。
​ユーザー要望のオーダーメイドにも対応します。
​D.純正スピーカーの利用方法に関すること
QD-01.  2.1chを使って、
    ドアスピーカをウーファーに、
    ダッシュボードスピーカーをスコーカーとツーターに使いたい
​ウーファーをモノラル化するためのモノラル化ユニット(品番MN-01)購入いただいて
左右のドアスピーカーを直列接続で使います。
接続図 準備中
E.ユニットの組み合わせに関すること
QE-01.  サウンドコントローラを使わない場合
​メインアンプ側からすべての操作ができます。
メインアンプの重量は 約540gW です。
 落下する可能性のある場所への取り付けには不向きです。
 この場合、落下荷重に耐えるよう、下支えが必要です。
また、
 内臓の振動センサーは水平面に設置で、正確に機能します。
 ツマミが上になるように設置した場合、
  ロードノイズ検出感度の調節が、
  推奨位置から異なるポジションになります。
できれば、
 マットの上(第一優先)、ダッシュボードの上(第二優先)など
 設置場所に収めた後、最初に;
  1.低音、高音の音質
  2.左右の音量バランス
  3.左右のタイムアライメント
  4.音楽とアナウンスの音質を自動(12時の位置)
  5.サラウンド効果
  6.ロードノイズ検出感度(とりあえず、11時にセット)
を設定します。
音量は プレーヤやラジオ側で調節します。
その後、
  7.ロードノイズ検出感度は;
    効果が大きすぎる場合は11時から左へ、
    効果が小さすぎる場合は11時から右へ、
    一度か二度、再調節します。
​F.異常な音
QF-01.  バリバリ 異常音が出る
​AF-01:プレーヤ側の再生音量を小さくします。
 特に、
 純正共用モデル または 純正音質改善モデルの場合は;
 ヘッドユニット や ナビゲーション側 の音量を、
 最大目盛の 1/5~1/10  の微小音量とします。